英語名言集|イングランド王国の偉人

イングランド王国の偉人 英語名言集

ウィリアム・シェイクスピア (1564年4月26日 - 1616年4月23日)
イギリス・ルネサンス演劇を代表する劇作家、詩人。2002年BBC「100名の最も偉大な英国人」に選出。

 

クリストファー・マーロウ (1564年2月26日 - 1593年5月30日
エリザベス朝時代に活躍。華麗な無韻詩で知られる劇作家。エリザベス朝演劇の基礎を築いた一人。

 

サミュエル・ジョンソン (1709年9月18日 - 1784年12月13日
18世紀英国において「文壇の大御所」と呼ばれた。主著に『英語辞典』、『詩人列伝』、『シェイクスピア全集』など。

 

ジョージ・ハーバート (1593年4月3日 - 1633年3月1日)
ギリシャ語やラテン語だけでなく、イタリア語、スペイン語、フランス語を学びキリスト教信仰をテーマにした作品を発表した。

 

ジョン・ドライデン (1631年8月9日 - 1700年5月12日
王政復古時代のイングランド文学を支配し、その時代が「ドライデンの時代」として知られるほどの影響力があった。

 

ジョン・ロック (1632年8月29日 - 1704年10月28日
哲学者としてはイギリス経験論の父と呼ばれ、主著『人間悟性論』において経験論的認識論を体系化した。

 

トーマス・フラー (1608 - 1661年8月16日
イギリスの聖職者、歴史家。多くの著作を残し著者として生活できる最初の英語作家の一人だった。

 

トマス・ホッブズ (1588年4月5日 - 1679年12月4日
主著は『哲学原論』。17世紀の近世哲学でルネ・デカルトなどともに機械論的世界観の先駆的哲学者の一人。

 

フランシス・ベーコン【哲学者】 (1561年1月22日 - 1626年4月9日
哲学者、神学者、法学者。「知識は力なり」という言葉で知られるルネサンス期の人物

 

ベン・ジョンソン 【詩人】 (1572年6月11日 - 1637年8月6日
17世紀イギリスの劇作家・詩人で、シェイクスピアと同時代人。1616年桂冠詩人になった。