英語名言集|ドイツの偉人

ドイツの偉人 英語名言集

アドルフ・ヒトラー (1889年4月20日 - 1945年4月30日
ドイツの政治家、国家元首。指導者原理に基づく党と指導者による独裁指導体制を築いた。独裁者の典型とされる。

 

アルベルト・アインシュタイン (1879年 - 1955年)
『20世紀最大の物理学者』、『現代物理学の父』などと呼ばれる。

 

アンネ・フランク (1929年6月12日 - 1945年3月上旬
『アンネの日記』の著者として知られるユダヤ系ドイツ人の少女。

 

ディートリッヒ・ボンヘッファー (1906年2月4日 - 1945年4月9日
ドイツの古プロイセン合同福音主義教会(ルター派)の牧師。20世紀を代表するキリスト教神学者の一人。

 

トーマス・マン (1875年6月6日 - 1955年8月12日
ドイツの小説家。代表作に『ブッデンブローク家の人々』、『トーニオ・クレーガー』など。1929年ノーベル文学賞を受賞。

 

トマス・ア・ケンピス (1380年 - 1471年
中世の神秘思想家。彼の著した信心書『キリストに倣いて』は聖書に次いで最も読まれた本と言われる。

 

ハインリヒ・ハイネ (1797年12月13日 - 1856年2月17日
ドイツの詩人、作家、ジャーナリスト。『ハイネの詩』は、今日なお多くの人に親しまれている。

 

パウル・ティリッヒ (1886年8月20日 - 1965年10月22日
20世紀のキリスト教神学に大きな影響を与えたプロテスタント神学者。組織神学、宗教社会主義の思想で知られる。

 

フリードリヒ・ニーチェ (1844年10月15日 - 1900年8月25日
古典文献学者、哲学者。「神は死んだ」などとキリスト教を批判。ニヒリズムを克服し「超人」として生きることを主張した。

 

ベルトルト・ブレヒト (1898年2月10日 - 1956年8月14日
ドイツの劇作家、詩人、演出家。代表作に『三文オペラ』『肝っ玉お母とその子供たち』『ガリレイの生涯』など。

 

ヘルマン・ヘッセ (1877年7月2日 - 1962年8月9日
主に詩と小説によって知られる20世紀前半のドイツ文学を代表する文学者の一人。1946年ノーベル文学賞受賞。

 

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (1749年8月28日 - 1832年3月22日
ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』などを残した。