英語名言集|19世紀

19世紀の偉人 英語名言集

アウグスト・ストリンドベリ (1849年1月22日 - 1912年5月14日) スウェーデンの作家。 アナトール・フランス (1844年4月16日 - 1924年10月12日 フランス) アカデミー・フランセーズの会員を務め、ノーベル文学賞を受賞した。代表作は『シルヴェストル・ボナールの罪』など アルチュール・ランボー (1854年10月20日 - 1891年11月10日) 象徴主義の代表的な詩人の一人。 アルフレッド・テニスン (1809年8月6日 - 1892年10月6日 イギリス) ヴィクトリア朝時代のイギリスの詩人。美しい措辞と韻律を持ち、日本でも愛読された。 アンドリュー・カーネギー (1835年11月25日 - 1919年8月11日 アメリカ) 1870年代でカーネギー鉄鋼会社を創業。1890年代には世界最大で最も高収益な会社となり「鋼鉄王」と称された。 イワン・ツルゲーネフ (1818年11月9日 - 1883年9月3日 ロシア) 19世紀ロシアの代表的な小説家の一人。ロシア帝国の貴族。 ヴィクトル・ユーゴー (1802年2月26日 - 1885年5月22日 フランス) フランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。 ウィリアム・ジェームズ (1842年1月11日 - 1910年8月26日) アメリカを代表する哲学者・心理学者。 ウィリアム・ヘイズリット (1778年4月10日 - 1830年9月18日 イギリス) イギリスの著作家、批評家、随想作家。 ウィリアム・ワーズワース (1770年4月7日 - 1850年4月23日 イギリス) イギリスの代表的なロマン派詩人。湖水地方をこよなく愛し、純朴であると共に情熱を秘めた自然讃美の詩を書いた。 ウラジミール・レーニン (1870年4月22日 ? 1924年1月21日 ロシア) ロシアの革命家、政治家。優れた演説家として史上初の社会主義国家であるソビエト連邦の初代指導者を務めた。 エイブラハム・リンカーン (1809年2月12日 - 1865年4月15日 アメリカ) 弁護士、イリノイ州議員、上院議員を経て、1861年3月4日に第16代アメリカ合衆国大統領就任。 エドガー・ワトソン・ハウ (1853年5月3日- 1937年10月3日 アメリカ) アメリカの小説家、新聞や雑誌の編集者。 エミリー・ディキンソン (1830年12月10日 - 1886年5月15日 アメリカ) アメリカの詩人。生前は無名であったが、1700篇以上残した作品は世界中で高い評価を受けている。 エリザベス・ギャスケル (1810年9月29日 - 1865年11月12日) イギリスの小説家。代表作に『メアリ・バートン』、『ルース』、『北と南』など エルバート・ハバード (1856年6月19日- 1915年5月7日 アメリカ) アメリカの作家、出版社、作家、哲学者。 オー・ヘンリー (1862年9月11日 - 1910年6月5日) 掌編小説、短編小説を得意とし、381編の作品を残した。サキと並んで短編の名手と呼ばれる。 オスカー・ワイルド (1854年10月16日 - 1900年11月30日) 詩人、作家、劇作家。耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末の旗手のように語られる。 ギュスターヴ・フローベール (1821年12月12日 - 1880年5月8日) 1857年に4年半の執筆を経て『ボヴァリー夫人』を発表、文学上の写実主義を確立した。 グラハム・ベル (1847年3月3日 - 1922年8月2日 スコットランド) スコットランド生まれの科学者、発明家、工学者。世界初の実用的電話の発明で知られている。 サミュエル・バトラー (1835年12月4日 - 1902年6月18日 イギリス) イギリスの作家。生涯に渡って進化論批判を繰り広げた。 ジェームス・マシュー・バリー (1860年5月9日 - 1937年6月19日 イギリス) イギリスの劇作家、童話作家、ファンタジー作家。『ピーター・パン』の作者として著名。 ジョージ・ゴードン・バイロン (1788年1月22日 - 1824年4月19日) 10歳にして第6代バイロン男爵となった詩人。代表作に『チャイルド・ハロルドの巡礼』 ジョセフ・コンラッド (1857年12月3日 - 1924年8月3日 イギリス) 海洋文学で知られ、作品には『闇の奥』、『ロード・ジム』、『密偵』などがある。 ジョン・アダムズ (1735年10月19日 - 1826年7月4日 アメリカ) アメリカ副大統領、大統領を務め、アメリカ海軍創設者でもある。アメリカ合衆国建国の父の中でも最も影響力があった者の一人とされている。 ジョン・ラスキン (1819年2月8日 - 1900年1月20日 イギリス) 19世紀イギリス・ヴィクトリア時代を代表するの評論家・美術評論家。 セーレン・キルケゴール (1813年5月5日 - 1855年11月11日) 実存主義の創始者と評価されている。 チャールズ・ラム (1775年2月10日 - 1834年12月27日 イギリス) イギリスの作家・エッセイスト。特にエッセイにおいては規範となる名文章家と文学史の定説になるほど。 トーマス・エジソン (1847年2月11日 - 1931年10月18日 アメリカ) アメリカ合衆国の発明家、起業家。蓄音器、白熱電球などの発明で知られる。 トーマス・カーライル (1795年12月4日 - 1881年2月5日 イギリス) 19世紀イギリス(大英帝国)の歴史家・評論家。大英帝国(ヴィクトリア朝)時代を代表する言論人であった。 トマス・ヘンリー・ハクスリー (1825年5月4日 - 1895年6月29日) 「ダーウィンの番犬(ブルドッグ)」の異名で知られ、チャールズ・ダーウィンの進化論を弁護した。 ナサニエル・ホーソーン (1804年7月4日 - 1864年5月19日) アメリカ合衆国の小説家。1850年『緋文字』で注目される。 ハーベイ・ファイアストーン (1868年12月20日 - 1938年2月7日 アメリカ) 世界最大のタイヤ会社の一つファイアストン・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーを創立した。1974年に自動車殿堂入り。 ハインリヒ・ハイネ (1797年12月13日 - 1856年2月17日 ドイツ) ドイツの詩人、作家、ジャーナリスト。『ハイネの詩』は、今日なお多くの人に親しまれている。 ハンス・クリスチャン・アンデルセン (1805年4月2日 - 1875年8月4日) デンマークの代表的な童話作家 ピエール=オーギュスト・ルノワール (1841年2月25日 - 1919年12月3日 フランス) フランスの印象派の画家。風景画、花などの静物画もあるが、代表作の多くは人物画である。 フョードル・ドストエフスキー (1821年11月11日 - 1881年2月9日 ロシア帝国) 19世紀後半のロシア小説を代表する文豪。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』など。 フリードリヒ・ニーチェ (1844年10月15日 - 1900年8月25日 ドイツ) 古典文献学者、哲学者。「神は死んだ」などとキリスト教を批判。ニヒリズムを克服し「超人」として生きることを主張した。 フローレンス・ナイチンゲール (1820年5月12日 - 1910年8月13日 イギリス) イギリスの看護師、統計学者。近代看護教育の母。クリミア戦争での負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生改革で著名。 ベンジャミン・ディズレーリ (1804年12月21日 - 1881年4月19日 イギリス) イギリスの政治家、小説家、貴族。首相を二期務め、「トーリー・デモクラシー」と呼ばれる内政と外交を行って活躍した。 ヘンリー・ウォード・ビーチャー (1813年6月24日- 1887年3月8日 アメリカ) アメリカの牧師、奴隷制廃止論者として活動した。 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー (1817 - 1862 アメリカ) アメリカ合衆国の作家・思想家・詩人・博物学者。 マーク・トウェイン (1835年11月30日 - 1910年4月21日) 『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッセーを発表した。 マシュー・アーノルド (1822年12月24日 - 1888年4月15日 イギリス) イギリスの詩人、批評家。耽美派詩人の代表でありヴィクトリア朝時代の信仰の危機をうたった「ドーヴァー・ビーチ」が有名 ラルフ・ワルド・エマーソン (1803年5月25日 - 1882年4月27日 アメリカ) アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト。無教会主義の先導者。 ロバート・ブラウニング (1812年5月7日 - 1889年12月12日 イギリス) イギリスの詩人。55歳で『指輪と本』を発表し一流の詩人と認められた。 ロバート・フロスト (1874年3月26日 - 1963年1月29日) アメリカの詩人。ニューイングランドの農村生活を題材とし、複雑な社会的テーマや哲学的テーマを対象とした。 ロバート・ルイス・スティーブンソン (1850年11月13日 - 1894年12月3日 イギリス) イギリスのスコットランド、エディンバラ生まれの冒険小説家、詩人。代表作に『宝島』、『ジキル博士とハイド氏』 ワシントン・アービング (1783年4月3日 - 1859年11月28日 アメリカ) 19世紀前半のアメリカ合衆国の作家。